客引きのシステム | 高収入で気軽に働ける求人ならオナクラが一番おすすめ

高収入で気軽に働ける求人ならオナクラが一番おすすめ

客引きのシステム

振り返る女性

飛田新地の料亭で働けば、ほとんど知名度のない風俗店で風俗嬢として働くときには心配しなければならない「客の枯渇」を一切気にすることなく、仕事に勤しむことができます。

飛田新地の料亭には、少し特殊なシステムがあり、それがまた客を上手く引き寄せる魅力でもあるのです。

飛田新地の料亭は、常に道路側に向けて店の表を開いており、通りから中が伺えるようになっています。
店舗内には一人の女性、これがつまり、その料亭で手隙の「仲居」ということです。そして軒先には、男性客との交渉事を一切引き受ける、高齢の女性が座っているのが通例です。

通りを歩く男性客は、料亭を物色するために店の中を除き、仲居の顔を品定めします。お、これは、と思う女性がいれば、そこではじめて、高齢の女性との交渉が始まるわけです。
この女性も、元は遊郭で働いていた「仲居」です。そのため、変に安売りしたりせず、きっちりと交渉を行ってくれます。

そこで交渉が成立すれば、お客さんにあがってもらって、仲居である女性が個室まで案内することになります。
料亭であるため、個室に案内したお客様には、お茶やお菓子、希望すれば料理なども出されますが、基本的に飛田新地のお店は「15分刻みで滞在料金がかかる」ため、飲食に時間をかける人はほとんどいません。
男性客がその料亭にあがった理由は、もちろんただ一つ。仲居の女性と行為に及ぶためです。

これは、建前上、「個室に案内した男性客と、仲居の間での自由恋愛」という形になるため、買春禁止法には抵触しないとされています。
あくまで、店内で行われる性的な行為を含め、男性客と仲居の女性との関係は、自由な意思に基づいてのことであり、支払われる料金は提供した食事やサービス料に対してのものであるという建前です。