高収入で気軽に働ける求人ならオナクラが一番おすすめ

girl has brown hair
girl sexy personality

気軽に働く

ガッツリ稼ぎたいなら雄琴の求人がおすすめです!意外と気楽に働けますよ!

簡単なサービスをするだけで高収入!大阪のオナクラ求人はこちら!自分のペースで働きたい女の子にオススメです。

オナクラは風俗求人の中でも特に気軽に働く事ができる仕事であり、更に高収入というメリットもあります。そうした事から多くの女性がこの求人に応募しており、非常に活気のある存在となっているのです。それによって更に風俗全体の求人の状況を活気づけるきっかけにもなっており、現在風俗の仕事というものは高収入な女性向けの求人として高い人気を誇っているのです。
そうした事から、オナクラに応募する事を望む、もしくは実際に応募し採用される為に努力を怠らないという女性も多い為、ほかの風俗求人に比べると少し審査の競争率が高い存在でもあります。しかし、基本的なマナーを身に着けていれば十分クリアできる程度の競争率である為、身だしなみを整え、マナーをおさえた面接態度で挑めば採用されやすい仕事となっています。
通常のアルバイトでなかなか採用されないという女性でも、こうした風俗業界では非常に人気の高い女性となるケースも数多く存在します。そうしたことから、高収入な風俗の仕事に方向転換するという女性も多く、またこの業界への入門的な仕事としてオナクラを選ぶ女性も多いとされています。

オナクラは基本的に男性客のオナニーを見ているだけという仕事であることから、気軽に行えるとして非常に人気が高い求人でもあります。自分から何かをすることはなくても高収入に慣れるというその夢のような仕事は実際に存在しており、盛んな状況の中で雇用が行われているのです。また、オプションを利用する事で更に稼ぐことも可能となっています。
基本的に見ているだけ、もしくはハンドサービスを行うだけといった仕事のオナクラですが、オプションと呼ばれるシステムを活用する事で更に高収入になれるとされています。それは、バック率と呼ばれる割合も大きく関係してくる部分であり、更に詳しい知識を身につけることでより活用できるシステムでもあるのです。
ほかにも仕事をする上での待遇など、風俗では世間のイメージよりもずっと快適で発展している環境が用意されているのです。

アダルトだけど安心!三宮でオナクラのアルバイト始めるなら初心者でも怖がらずに出来るこちらがオススメですよ!

sexy beautiful girl near windows

遊郭と料亭

大阪は西成区にあります、飛田新地。
日本有数の遊郭地であり、また同時に、日本最大級の遊郭地でもあります。

とは言え、遊郭地であったのは、1958年、買春禁止法が施工されるまでの話。
それまでは政府公認の遊郭、いわゆる「赤線」であったものの、1958年の法律施工以後は、そのあり方を遊郭地から、「料亭街」に変え、現在もその姿を留めています。

一帯は「飛田新地料理組合」が管理しており、自治が行き届いています。そのため、揉め事などはそうそう起きません。お店の規律もきちんと守られ、法を逸脱することなく、適正に営業を続けています。

しかし、飛田新地が「料亭街」というのは表の顔。実際には、1958年以前のままと、本質的には何も変わっていません。もちろん、飛田新地料理組合による自治も、そのことを踏まえたものであるとして厳格化されているため、遊郭地というイメージとは裏腹に、非常にクリーンで、レトロな趣を色濃く残した、男性にとってはまさしく「夢の都」としても知られています。

遊郭で働く、ということは、昔の女性からすると、借金のカタに親に売られたり、金銭に困って仕方なく身売りしたりと、何かと悲劇的な色がにじみ出ているものでした。
しかし、表向きだけであるとはいえ、料亭という風情を飛田新地が纏ったことにより、そうした悲劇的な印象は一切払拭されました。今では、いわゆる「風俗嬢」の求人と同じ感覚で、飛田新地で働くことができるようになっています。

風俗の求人であるならば、それこそ風俗店に行けば良いと考えるのが主流でしょう。わざわざ飛田新地に通うほどはない、と思っている女性は多いはずです。
しかし、あえて飛田新地での「風俗嬢」求人の乗る旨味、メリットというものがあるのです。

それは、「飛田新地」という、大正時代から現代まで耐えることなく続いてきた、遊郭地という確かな実績とイメージに裏打ちされた、風俗求人としては他に代えがたい財産でもあります。
同じ風俗嬢として働くのであれば、飛田新地の求人を探してみるのはいかがでしょうか?

beautiful girl drinking juice

信頼と実績の街

例えば、あなたが風俗店を経営し始めたばかりの新米オーナーである、とします。
まずいちばん困るのは何でしょう?それはもちろん、資金繰りでしょう。
店を持ち、経営を軌道に乗せるまでの間、自分や従業員の生活を支えることができるだけの資金を持って、はじめて風俗店を経営することができます。

もちろんその前に、風俗店で働いてくれる女性の募集や、風俗店として使える立地の店舗なども入手しなければなりません。
そして、店を構えれば構えたで、その店の「広告」を出し、「集客に結びつけること。これが非常に、重要で、かつ難しいことなのです。

世の中にはたくさんの風俗店があります。その中から最近出店したばかりの新店舗に客を集めようとすれば、大々的な告知が必要です。
しかし、風俗店の告知などは、地道なチラシの手巻きか、インターネット上の風俗サイトへの書き込みなど、規模の小さなものからのスタート。おおっぴらにコマーシャルなどを打てる業界ではありませんし、そもそもそんな費用もないでしょう。結果的に、店を経営し始めたはいいものの集客に結びつかず、潰れていった風俗店は星の数ほどあります。

これが飛田新地にある料亭となれば、話はどうなるでしょうか。
飛田新地の知名度は、それこそ大正時代から脈々と積み重なってきた、いわば実績の塊です。
飛田新地に遊郭があるということは、大阪に住んでいる人ならば中学生でも知っていることです。絶大なる知名度と信頼があるために、飛田新地で経営されている遊郭には、引きも切らぬほどの利用客が詰めかけているそうです。

もちろんこれは、経営者にとっての旨味、というだけではなく、そこで働く女性従業員にとっての旨味も意味します。
風俗業界では、集客率がそのまま風俗嬢のキャッシュバックに繋がることは、至極当然のことですよね。
飛田新地でも同様です。飛田新地の料亭で働く女性は、「仲居」として男性客を個室で接待し、その時間分の報酬を得ることができるようになっているのです。

woman near windows

古い店 新しい店

飛田新地には、これまでに述べてきたようなサービスを提供する表向きの「料亭」、実質的には昔と変わらない「遊郭」が数多く存在しています。
毎年、幾つかの料亭が潰れ、そしてまた跡地に新たな料亭ができるなどして、総数はほとんど変わっていません。その状態がもう何年も、何十年も続いている、ここは筋金入りの遊郭地なのです。

そのため、求人を出している料亭の中にも、「できたばかりの料亭」と、「長く続けている料亭」とがあります。求人を出しているのはやはりできたばかりの、まだ女の子の数が揃っていない料亭である場合が多いようです。

できたばかりの料亭では、本当に今後もその料亭が存続し続けていくのかの確証はまだありません。毎年少なくない数の料亭が潰れています。経営を軌道に乗せるには巧みな経営手腕が求められることは歴然とした事実としてあります。新しく開いたばかりの店が、本当に今後も継続していくかどうかは、一種の賭けとなるでしょう。
反面、新しくできた料亭にもメリットはあります。まず、当然ですが店内は綺麗です。古くから続いている飛田新地の料亭には、やはり時代を感じさせる店舗も多く、現代的な建築に慣れている人からすれば、使いづらさを感じることも多いようです。

どういった料亭で、仲居として働くのか。それを決めるのはやはり、求人を探す女性の心持ち次第でしょう。
ほとんどの店で体験入店や事前見学などができるので、ぜひ利用してみるといいと思います。